Skip to content

Content Header

つうかあ 第三話 『Practise』 解説 / 感想

WS000105_201802090412130dc.jpg


つうかあ 第三話 『Practise』


 構成上のポイント

  ・ 回想を重ね、徐々に真実を明らかにしていく
  ・ ちゆきとみさきの和解、互いへ抱く愛情を描く
  ・ 引き続き過不足無い解説 (設定とニーラーについて)
  ・
冒頭の最後にハンカチとみさきをさりげなく見せておくことで、ハンカチを小道具として扱うことを示しておく


 伏線&前振り  伏線……後になって意図が判明する布石 / 前振り……段階を踏んで繋がりを滑らかにする為の布石


  ・ 冒頭の最後にハンカチを見やるみさき
  ・ なぎさといずみが、遠回しに互いを信用しているということが分かる言葉を口にしている
  ・ ドライバーとパッセンジャーの信頼関係について語るコーチ



演出など:


<構成:伏線 / 小道具>
ありふれたハンカチを用いての脚本的演出を、後に紐解いていきます。
WS000191_20180210002342491.jpg
WS000189_20180210002340c00.jpg

WS002539.jpg
WS002479.jpg
WS002543.jpg
WS002547.jpg
WS002548.jpg
WS002549.jpg
WS002550.jpg
WS002551.jpg

WS002552.jpg
WS002553.jpg
WS002554.jpg


文字が少なく情報量が控えめな図を用いているのは、一時停止を前提としていないものであり、
やはり人物描写が主眼であることを感じさせます。
WS000075.jpg

WS000077.jpg
WS000078_20180209035115cab.jpg


<作画的演出:記号 / 構図>
この構図を三回に渡って使用することで、違いを浮き彫りにしています。
一度目は、多くの友人(取り巻き)に囲まれるちゆきを、遠くから眺めるみさき。
二度目は、ちゆきが別の友人に、パッセンジャーになるように頼む際に用いています。
三度目は、一人になっているちゆきに、みさきがハンカチを渡す時。(この際は、二度目までと画角は異なります)
WS002555.jpg

WS002556.jpg
WS002557.jpg
WS002558.jpg

WS002559.jpg
<作画的演出:レンズ効果>
ゆりを信じていないというめぐみの発言で、場の雰囲気がややこしくなったのを、周辺の歪曲を利用して演出しています。
(そうした意図が無い場合は、単に画角上の問題です)
これが口先だけの発言に過ぎないのは、後の回想や他の描写を見ていれば解ります。


WS002560.jpg

WS002561.jpg
WS002562.jpg
WS002563.jpg
WS002564.jpg
WS002589.jpg

<脚本的演出:真実の発露>
少しずつちゆきの抱えているものが明らかとなっていきます。
この時点では、事故が起こってしまい前のパッセンジャーが怪我をしたということが語られています。


かなえ「ウチもたまえのこと信用してへんし」
たまえ「え~、なんでなん? ウチはこんなに愛してんのに~!!」
WS000084_20180209035757af5.jpg
これは冗談と見せかけてガチ……?ガチだと良いなぁ。というかガチ以外あり得ませんね。
第八話で、洋子がはつねに見せた態度にも似ています。
共感して他のカップルにも痴話喧嘩が広がっていく感じが女の子っぽくて良いですね。


二人が本来の関係を伺わせる表情をしています。
WS002567.jpg

WS002568.jpg

WS002569.jpg
WS002570.jpg
WS002571.jpg
<作画的演出:光>
みさきの側は順光で、顔に影があまりありません。
逆光による影と、苦しそうな表情で、ちゆきの側に問題がありそれが大きいということを強調した演出です。
WS002572.jpg
※ 現実では順光だと顔に強い影が生じますが、アニメでは基本的に演出的意図が無い限り、それによる影をほとんど作りません。
  ですので、影に関する演出は実写と異なる扱いになります


WS002575.jpg

WS002576.jpg
WS002579.jpg
WS002580.jpg
WS002581.jpg
WS002582.jpg
WS002583.jpg
WS002584.jpg
WS002585.jpg

WS002586.jpg
WS000201.jpg
WS000203_201802100053419c4.jpg

またしてもちゆき達の心配をする二人。


蘊蓄がましくならないように、説明における時間配分や回数は十分に配慮されています。(回想)
WS000092.jpg
棚橋コーチ「ドライバーがラインを間違えるとパッセンジャーは障害物に激突する」
WS002573.jpg
棚橋コーチ「パッセンジャーが重心を間違えるとマシンはコントロールを失う」
WS000094.jpg
棚橋コーチ「つまり、ドライバーはパッセンジャーに命を握られている。
        パッセンジャーを信じていなければアクセルを開けられない」
WS002595.jpg
棚橋コーチ「反対にパッセンジャーはドライバーに命を預けている。
        ドライバーを信じていなければ横には乗れない」
WS002597.jpg
棚橋コーチ「ドライバーが最高で無ければ最高の走りは出来ない。
        しかしパッセンジャーが最高でなければドライバーは最高の走りは出来ない」
WS002598.jpg
WS002599.jpg

WS002600.jpg
WS002601.jpg
棚橋コーチ「それがレーシングニーラーだ」

<前振り>
ちゆき・みさきペアだけでなく、いずみ・なぎさペアに対しても意味を持つシーンです。


WS000098.jpg
またもシンクロする二人。


<脚本的演出:真実の発露>
物語はちゆきの核心へと迫っていきます。自身の幸福は仮初めのものだったと気付きます。
ちゆきは周囲の期待に応えることで居場所を確保してきました。
WS000202.jpg
WS000080_2018021001380403a.jpg

<作画的演出:記号>
視聴者からは両親の顔が視えません。親という存在を単なる記号として演出しています。
例外も多いですが、親は子供が言うことを聞いている限り、愛情を注いでくれます。
WS000204.jpg
<作画的演出:象徴>
成績表は人間の表面しか見ていないことの象徴です。

ちゆきの抱えているものの正体が次々と明らかになります。
事故で相手を傷付けてしまう恐怖、居場所や友人を失う恐怖。(取り巻きは真の友人ではありませんが)
WS002596.jpg

WS002602.jpg
WS002603.jpg
WS002604.jpg
WS002590.jpg

WS002607.jpg
WS002592.jpg
WS000099_20180209041158f1f.jpg

WS000100.jpg
WS000101.jpg
WS000102.jpg
WS000103_20180209041202ba0.jpg
<作画的演出:光>
第二話でも用いられましたが、カメラ位置を逆光側にしているのは、おそらく強い影で不和を演出する為です。
友人と思っていたはずの存在はただの取り巻きにしか過ぎず、都合が悪くなれば手のひらを返します。


ちゆきをフォローする為とはいえ、落車した友人を責め立てる友人たち。
WS000205.jpg
何もかも手に入れて来たはずのちゆきでしたが、この時に初めて自身の孤独に気が付きました。
<脚本的演出:危機>
WS000104_20180209041211184.jpg

WS000151_20180210015416d57.jpg
WS000152_20180210015418cc4.jpg

みさき「これ……忘れ物」

WS000105_201802090412130dc.jpg
ちゆき「……洗ってくれたの?」
みさき「仕事だから」

WS000106_201802090412142f7.jpg
ちゆき「シミを抜くの、大変だったでしょう?」

WS000107_20180209041210156.jpg
みさき「仕事だから」

WS002610.jpg
ちゆき「ありがとう」
みさき「……仕事だから」

ここで小道具としてハンカチを選んだのは、それがありふれた物であるというだけでなく、
ちゆきが心で流している悲しみの涙を拭うことを暗示していると解釈し得ます。
ちゆきを慰めてあげたいというみさきの気持ちをおそらく演出しています。
“仕事だから”って何度も言うのは、本当はそうじゃないというのが伝わってきます。声音も含めて。
側車部へ入るように誘われた時も、本当は嬉しかったのだと後に語られます。
<構成:小道具 / 前振り> + <脚本的演出:愛情>


WS000210.jpg

WS000212_201802100037332ed.jpg
WS000213_20180210003734d5a.jpg
WS000215_20180210003735e43.jpg
WS000109.jpg
<作画的演出:表情>
これまではキツイ感じかほぼ無表情な感じだったみさきが、柔らかい表情をしていることで、
二人の時間がとても大切なものなのだということが伝わってきます。


ゆりとめぐみが皆に花火をするように誘ったのは
ちゆきとみさきが上手くいっていないのを見て、さりげなく気を遣ったということでしょう。
(直接誘った描写が入るのは、ゆりとめぐみがちゆきに対してのみ)
WS002611.jpg


花火(火花)のエフェクトですが、下のカットは特に枚数使っていましたし見ていて気持ち良いですね。
WS000227_20180209235135b04.jpg

WS000229.jpg


二人の物語はクライマックスへと向かいます。気なんか遣うなやりたいようにやれ、と言うみさき。
居場所を守る為に周囲の期待に応えてばかり来たちゆきを、自由にしてやれるのはみさきだけです。

<脚本的演出:危機 / 対決>
言うまでもありませんが、ここでの危機や対決は二人の関係であって物理的な意味合いはありません。
WS002613.jpg
WS000153_20180210015737d1c.jpg
WS000112.jpg

WS002614.jpg
WS000233.jpg
WS000234.jpg

WS002617.jpg
WS002620.jpg
WS002622.jpg

WS002623.jpg
WS002624.jpg
WS002626.jpg
WS002627.jpg
WS002628.jpg
WS002629.jpg
WS000125.jpg
WS000126.jpg
WS000127.jpg
WS000129.jpg

WS000130.jpg
<脚本的演出:真実の劇的発露 + 愛情 + 和解> + <作画的演出:表情>


時系列的には、冒頭の回想に挿入される形になります。
シミの付いたハンカチは、都合の悪くなったもの(友人)の暗喩であり、仮初めの友人たちはそれを簡単に捨ててしまいます。
<脚本的演出:小道具 / 真実の発露> + <作画的演出:象徴 (ハンカチ = 友人)> ※ この同一関係は本作限定です
WS000237.jpg
WS000236.jpg
WS000240.jpg
WS000241.jpg
WS000242.jpg
WS000243_2018021000053455c.jpg
WS000245.jpg
WS000246.jpg
このハンカチがちゆきにとって大切なものであるというのは、
ちゆきにとって友人というのは大切なものであって欲しいという願いを示していると考えられます。
みさきは、そのハンカチがちゆきの大切な物であることを見抜いており、それをシミ抜きしてまでみさきに届けます。

これによって、たとえ都合が悪くなったとしても、みさきは決して相手を見捨てたりしない人であると示され、
本当の自分を見てくれる本物の友人を求めるちゆきと結びつくことが、偶然では無く必然となります。
WS002631.jpg

WS002632.jpg
WS002634.jpg
WS002635.jpg
WS002636.jpg
WS002637.jpg

WS002638.jpg


“初めての友達だから、全力で応えたかった”、と言われるちゆき。
このカットで花火を入れたことで、ちゆきの心が暖かく照らされたことを視覚的に演出しています。
<作画的演出: 光 / 象徴>
WS000133.jpg
WS000134.jpg
WS000135.jpg
WS000136.jpg
WS000137.jpg

<脚本的演出:信頼>
WS000139.jpg
WS000140.jpg
WS000142.jpg
<作画的演出:表情>

<作画的演出: 表情 / 光 / レンズ効果>
玉ボケを配することで、二人の間に流れる穏やかで親密な雰囲気を視覚的に演出。
この環境下において、通常では考えられない光量の光を顔に当てることで、
隠し事もわだかまりも無用な気遣いも無い、彼女達にとっての理想的な関係が築かれたことを示しています。
WS000144.jpg
WS000145.jpg

WS002647.jpg
WS002648.jpg
WS002649.jpg
WS002650.jpg
WS002651.jpg
WS002653.jpg
WS002654.jpg
WS002655.jpg
WS002656.jpg
WS002658.jpg

WS002659.jpg
WS000149.jpg
WS000150.jpg
<脚本的演出:真実の発露 + 愛情>


<作画的演出: 構図 / 記号>
以下は、第二話ラストでのカットと同じ構図を用いています。記号的に用いることで違いが浮き彫りとなります。
区切りがついて決着したことを示し、レース仲間を気遣うゆりとめぐみの優しさも同時に描きます。

WS000164.jpg

WS000165.jpg




感想:


 青春だなぁ……互いが初めてだというのも最高に良かったですし、
 作画的にも演出的にもこれ以上無いほどに素晴らしかったです。

 特にラストはひたすら恍惚としてしまい、感想や分析どころじゃなかったです。
 円盤を購入して一生大切にしていこうとほぼ決めたのが、この第三話を視た時でした。
 
 個人的にはもはや百合界の巨匠と呼ぶべき脚本・高山カツヒコと、監督・田村正文の二人による渾身の作品はまたも
 私の心を強く震わせてくれました。今回は気付いたらちゆきに投影していて、頬をしずくが伝い落ちていました。




0

作品解説
第一話 『Exhibition』 解説 / 感想
第二話 『Shakedown』 解説 / 感想
第四話 『Swap Meat』 解説 / 感想
第五話 『Reverse Grid』 解説 / 感想
第六話 『Dual Purpose』 解説 / 感想
第七話 『Side by Side』 解説 / 感想
第八話 『Engage』 解説 / 感想
第九話 『Mad Saturday』 解説 / 感想
第十話 『Replay Log Data』 解説 / 感想
第十一話 『Blue Flag』 解説 / 感想
第十二話 『Ladies, Start Your Engines!』 解説 / 感想

 

 

icon-angle-up
Copyright © 百合ゲームNET All Rights Reserved.