Skip to content

Content Header

SUGAR’S DELIGHT 感想/レビュー

WS000120.jpg


◆序文:
(注意点、心得)


システム面がかなり貧弱。バックログが三行という見にくさのみならず、
テキストと同時に、効果音や立ち位置までが巻き戻される始末。
効果音も状況にあまり合っていない、フリー素材でももう少し上手く出来そうなもの。
これは擬音を用いた演出ではないと思われる。
作画も基礎に不安が残る、塗りも簡素。ボイスも無し。
食べ物で遊ぶのも気になるかも知れない、床に落ちた分が特に。(この辺りは文化の違い)

百合的に注意すべき点としては、双頭ディルドの使用がある事。
男性は客が一人来るだけで、それ以上絡んで来る事はない。

個人的に絵柄の方向は悪くない、テキストにストレスを感じさせる事もほとんど無い。

以下ネタバレ無し。



◇攻略:


プレイ時間目安:一時間


選択肢無し。



簡易表:
(E- ~ A+)


脚本 (what to tell 何を描くか)
物語
E+
構成
D


(※一.物語とは、世界の変革、個人の心境変化、
それらの変化量。描出すべき事象の過不足の無さ)
(※二.構成とは、物語を描く為の適切な場面の配置、伏線
起伏、溜め、ミスリード、小道具の使用等)


演出 (how to show どう描くか)

脚本的
D
作画的
D-
音響的
E
スクリプト
D-


(※一.脚本的演出とは、見せ場を指す。出会い、別れ、愛情、信頼、危機、対決、和解、真実の劇的発露)
(※二.作画的演出とは、印象的な絵。構図、背景、表情、所作、衣装、色、光、象徴、対比、レンズ効果等)
(※三.音響的演出とは、音楽と効果音の使い方。挿入歌は含むが、演技とシステムボイスは含めない)
(※四.スクリプトとは、画面効果を指す。アイキャッチ、ワイプ、暗転、立ち位置や表情の変化等も含む)



◆脚本:
(シナリオ、構成、テキスト、表現)


同じ台詞を物語の始まりと終わりに用いている、唯一この記号用法は良かった。
これによって時間がもたらした変化が分かり易く伝わる。
つまり、同じ言葉が最初と最後で違う意味を持つという事。これは短編作品の強み。

元がドイツ語だからか、翻訳に特有の違和感が多少見られた。
不自然さを残したままに直訳したような語順が数ヶ所程あっただろうか。



◇演技:


ボイス無し。



◆演出:
(スクリプト、画面作り)


湯気の形のワイプからシャワーシーンへと繋ぐのは上手い。

ワイプ(画面転換の技法)や暗転を挟むタイミングは、程良い具合。



◇作画:
(キャラクターデザイン、原画
、塗り)


いくらかバランスが取れていない箇所が見られた。
唇と顎の間の窪みが無かったり、耳の位置もおかしかった。
また、胸にはシリコンが入っている様だった。頭蓋骨が場合によっては長い。

ぱっと見は愛らしい絵柄である為、凝視しなければ見れない程ではない。
スタッフはドイツ人だが、日本人向けの萌えデフォルメになっている。
指先のデフォルメは実に良いバランス。



◆音楽:


全部で八曲、短編作品にしては多い方。ただし一曲当たりの時間は短く、質も低い。



◇効果音:


システムサウンドを掛け合い時にも用いていしまってる。
フリー素材を探すくらいは出来るだろうに。



◆背景:


フリーゲームにしては良い方だろうか。



◇システム:


バックログ周りが壊滅的な水準、不具合が無いだけ良しとすべきだろう。



◆他:


特に無し。



◇結語:


道具の使用が問題だが、ストレスを感じさせる要素は少なく、
フリーゲームにしては良く頑張っていると思われる。
もっと力を付けて百合的な方面を伸ばして頂きたい。今後の活躍を期待する。



0
icon-angle-up
Copyright © 百合ゲームNET All Rights Reserved.