Skip to content

Content Header

ソフィーのアトリエ 感想/レビュー (ギブアップ)

前書き:


今回のレビューは手抜きである為、軽く聞き流して頂ければ幸いです。
多少のネタバレありです。




百合的な面とシナリオについて:


中盤の後半である四つ目のレシピに取り掛かっていた所、
未セーブ状態のままフリーズしてしまいました。

オートセーブのゲームに慣れてしまっていた事と、
バッテリーが切れてもデータが残っているVITAの親切設計に甘えていたのが失敗でした。
(完全に放電するとおそらくはセーブ前のデータは消えますが)

それでも濃厚な百合が楽しめるのなら、また最初からプレイするのも一興ですが、
本作はほとんど作業ゲームに過ぎず、百合的にも局所的に友情が見られるくらいでしたので、
もうプレイする気はありません。プレイ動画をいつか見るか、シナリオのネタバレを読むくらいでしょうか。

ただ、プラフタを本から人(人形)の姿に戻せた時は、実に感慨深かったです。
この時にプレイヤーはソフィーに深く感情移入し、気持ちがシンクロするようになっていました。
挿入歌が流れ、二人で初めて外出して街を歩くのは感動的なシーンと言えるでしょう。

ですが個人的かつ百合的な観点からすると、最初から人間の姿のままの方が良かったと思われます。
というのも、本の状態のままだと外見的に百合を感じる事が出来ないからです。
無論その場合は、別の障害を乗り越えることで同じように感動させる必要があるでしょうけれど。

シナリオ自体には、特筆すべき箇所はほとんど見当たりませんでした。
申し訳程度に伏線がある程度です。溜めに関してだけは、上述した通り中々のものでした。
とは言え、最後までプレイしていない為、結論を出すことは出来ませんが。

 


システムについて:


中盤に差し掛かるまでは、攻略を意識しないでも進められたのですが、
それ以降は攻略サイトを見てレシピについて読まない限り、詰まる確率が高い箇所がいくつかあります。

特定の技を敵から受ける、調合品に特性を発現させる、素材の特性を受け継がせる等、
面倒なものが割とあります。ちなみに、所持している素材の大きさ等によっては
どうやっても特性を発現させることが出来ない場合もあります。その場合は、ひたすら採集するしかありません。

ですが戦闘で全滅しても、収集した素材をいくらか失うだけで続けられるのは良かったです。
戦闘不能者にも経験値が入りますし、不参加の者に対しても同様に経験値が与えられます。
調合はパズル要素があり、個人的にはかなり面倒でしたが、ハマる人はハマるのでしょう。

ただでさえ薄いシナリオが、作業とお使いによって更にテンポが悪くなる為、
ノベルゲームの対極に位置していると言えます。
この辺に関してですが、拙稿「百合作品媒体小論」に挙げてある通りです。

 


結語:


百合目当てというだけで、本作をプレイするのはお薦めしません。

個人的にですが、作業ゲームに掛けられる時間は、25時間くらいが限度だと考えています。

本作では、攻略までおよそ40時間は掛かるでしょう。
ただしこれは、音声を飛ばす・バトル演出を高速にする・攻略サイトを見る
というそれなりに効率的にプレイした場合の話であり、普通にプレイしたら60時間は下らないでしょう。
(86時間かけてクリアしたという方も見かけました)

作業とお使いが苦ではない、生粋のRPGゲーマーにとっては良作だと考えられます。

百合を楽しむには、シナリオが練られたノベルゲームが最良
という考えの筆者にとっては、本作は割と苦行でした。




0
icon-angle-up
Copyright © 百合ゲームNET All Rights Reserved.