Skip to content

Content Header

サフィズムの舷窓~an epic~ 感想/レビュー ギブアップ

WS000035.jpg


とかく問題点が多い、美点がそれを上回らない。

脚本・演出・スクリプト・システムが足を引っ張っていて、
最後までプレイする事が出来なかった。


まずシステム面について。

オートプレイ無し、ホイール下スクロール無し、
毎回クリックする必要がある為、指を酷使する。


次に脚本について。

シナリオはシーンを選択していく形である為、
構成がブツ切りになっていて、物語に集中出来ない。
というより、設定だけ作って投げているようにしか思えない。

これら(シーンの選択)は冤罪を晴らす為の推理にも繋がっていて、
概ね決まった通りにこなさないといけない。

素直に攻略サイトを見なければ、
オート無し・ホイールスクロール無しの原始的な仕様と相まって、
モチベーションを維持する事はおよそ不可能だろう。

三人称視点である為、感情移入はしづらい。
これによって、人物の設定というか紹介を最初に始めてしまう為、
どんな娘なのかと想像する楽しみを奪われてしまう。

文学気取りな所とギャグが合わさっていて混沌としている。
加えて一文が長く、所々語彙レベルが高めで、大変読みづらい。


続けて演出について。

スクリプトが今一つ。
ワイプ(画面転換の技法の一種)もバグったのかと思う様なタイプで、
キャラの登場も下から飛び出て来るようで違和感が強い。


最後に美点について。

背景と音楽は全く問題無い、立派な商業クオリティだ。
原画も小梅けいと氏が担当しているだけあって良い。

(但し、この当時の氏の絵は、まつ毛の量が多過ぎて違和感はあるが。
それと、主人公の顔は個人的には男にしか見えない)





0
icon-angle-up
Copyright © 百合ゲームNET All Rights Reserved.