Skip to content

Content Header

サクラメントの十二宮 乱れる仔ひつじと手懐く狼 感想/レビュー

WS000572.jpg
※上のモザイクは筆者が施したもの


◆序文:
(注意点、心得)

シナリオは短く、構成は起伏に乏しく、見せ場もほとんど無い。
背景は素材レベルで、世界観の演出に寄与していない。作画も不自然な箇所が割と多い。

唯一の美点は、作風全体として清廉な所だろうか。

以下、ネタバレは無し。



◇:攻略


プレイ時間目安:約四時間


アリッサ視点 → ひつじ視点
の順でプレイし、選択肢は“努力する”を選択。



簡易表:
(E-からA+まで)


脚本 (what to tell 何を描くか)

  アリッサ視点 ひつじ視点
物語 D D
構成 D D


(※一.物語とは、世界の変革、個人の心境変化、それらの変化量。描出すべき事象の過不足の無さ)
(※二.構成とは、物語を描く為の適切な場面の配置、伏線、起伏、溜め、ミスリード、小道具の使用等)


演出 (how to show どう描くか)

  アリッサ視点 ひつじ視点
脚本的 C- B-
作画的 C C
音響的 C C
スクリプト C C


(※一.脚本的演出とは、見せ場を指す。出会い、別れ、愛情、信頼、危機、対決、和解、真実の劇的発露)
(※二.作画的演出とは、印象的な絵。構図、背景、表情、所作、衣装、色、光、象徴、対比、レンズ効果等)
(※三.音響的演出とは、音楽と効果音の使い方。挿入歌は含むが、演技とシステムボイスは含めない)
(※四.スクリプトとは、画面効果を指す。アイキャッチ、ワイプ、暗転、立ち位置や表情の変化等も含む)




◆脚本:
(シナリオ、構成、テキスト、表現)


脚本に別段の技巧は凝らされていない。

それぞれの視点で同じ場面を見る事が出来る、実験的な試みもあったが、
情報量自体はさして増えていなかった。

抑圧自体がほぼ皆無な為、カタルシスは得られなかった。

好意的に解釈すれば、優しい世界だと言える。



◇演技:


どのキャラも可愛らしいもので、特に問題は無い。


◆演出:
(スクリプト、画面作り)


ワイプ(画面転換の技法の一つ)に星を使っていて、作品のイメージに合っている。
動揺した際にキャラをシェイクする等、それなりに効果が付せられていた。



◇作画:
(キャラクターデザイン、原画、塗り)


脚の付け根の線が濃過ぎて違和感がある。
素材にもよるが、服のシワが少ない。背景から人物が浮いて見える。特に五枚目に顕著。

目の塗りだけは、それなりに力が入っている。


◆音楽:


ピアノ曲が心地良かったが、特に印象に残ったものは無い。



◇効果音:


ほとんど付せられていなかった。



◆背景:


教室等は素材レベルであり、美術的な演出価値は皆無。



◇システム:


横に長いテキストボックスの為、多少だが読みづらい。文字の大きさも若干小さい。

他は基本的に、商業レベルと言って差し支えない。



◆他:


特に言う事は無い。



◇結語:


これといって印象に残った箇所は無いが、優しさに満ちた美しい世界だと思う。





0
icon-angle-up
Copyright © 百合ゲームNET All Rights Reserved.