Skip to content

Content Header

ひとりのクオリア・ふたりのクオリア 感想/レビュー

WS000950-horz.jpg


◆序文:
(注意点、心得)


文字が読みにくい事が本作最大の欠点。

テキストボックスと透過調整の機能が無い為、文字が背景に溶け込み視認性が極めて悪い。
立ち絵も無く存在感に欠ける。(パッチを当てる事で顔は映る)
事前告知無しの分割商法。(本作発売の一年八ヶ月前に同人誌内で匂わせただけ)
一部シナリオ構成に問題あり、個人的にだが題材が地味。
『ふたりのクオリア』の二人は男女関係にしか見えない。

これらの欠点を補う程の面白さが無い。物語の内容に比べてテキスト量も多く、締まりに欠ける。

しかし誤字脱字の少なさ、文法間違いの無さ、判然とした表現の読み易さは一級品。
こうした日本語能力の高さと精神力の強さは、ライターの文章から伺い知れる。
惜しむらくは、シナリオ構成力とストレスコントロールの能力が欠落していると思われる点。

良質な音楽と笛氏の絵を目的とするならお薦め出来る。
クリアまでのプレイ時間は、どちらもデフォルトのオートモード速度で十二時間前後。

完結していないものをレビューするのは気が引けるが、
『おわりのクオリア』を終えた後、全面的に書き直す予定。(「おわり」の発売は未定)

「脚本」、「他」の項にネタバレあり、ご注意を。



◇攻略:


プレイ時間目安:二十四時間


選択肢によって結末は変わらない、選択しないままでいても先に進むが、同じエンディングを迎える。



簡易表:


脚本 (what to tell 何を描くか)


ひとり
ふたり
物語
C
C
構成
D
C-


(※一.物語とは、世界の変革、個人の心境変化、それらの変化量。描出すべき事象の過不足の無さ)
(※二.構成とは、物語を描く為の適切な場面の配置、伏線起伏、溜め、ミスリード、小道具の使用等)


演出 (how to show どう描くか)


ひとり
ふたり
脚本的
B-
B
作画的
B
B
音響的
B-
B+
スクリプト
B-
B


(※一.脚本的演出とは、見せ場を指す。出会い、別れ、愛情、信頼、危機、対決、和解、真実の劇的発露)
(※二.作画的演出とは、印象的な絵。構図、背景、表情、所作、衣装、色、光、象徴、対比、レンズ効果等)
(※三.音響的演出とは、音楽と効果音の使い方。挿入歌は含むが、演技とシステムボイスは含めない)
(※四.スクリプトとは、画面効果を指す。アイキャッチ、ワイプ、暗転、立ち位置や表情の変化等も含む)



◆脚本:
(シナリオ、構成、テキスト、表現)


シナリオにおける特筆すべき点が特に無い。
それを印象付けたのは、題材自体が地味という事と、前半部分の平坦な構成にある。

花梨が吸血鬼という設定(未確定)から、
本来はスケールの大きいシナリオであるのかもしれないが、
クロスクオリアでは軽く触れるに留まっている。

「ひとり」の方は構成に問題がある。
後半に入るまでは起伏が無く平坦。物語が動かず、日常的な生活がひたすら続く。

文章量が多い割に情報量が少ない、つまり密度が低い。
時折、伏線や設定を垣間見せるくらいで、言ってしまえば退屈だ。


しかし後半に入ってからは良い面も見えてきて、心境の変化などは諧調が細かく丁寧。

テキスト自体は特に問題は無い。意味も捉えやすく、非常に丁寧に言葉が紡がれている。

シークエンス(一連のシーン)に関して、所々シーンの繋ぎ目が薄い事が挙げられる。
集中して読み通した場合は問題無いが、流し読みした場合には、
気付いたら同棲生活が始まっていた、などという風に思われるかも知れない。

ワンシーンがやたらと長く、プレイヤーに対するストレスコントロールが出来ていない。
二人だけの掛け合いばかりで、何度も同じ様な場面が繰り返される。

「ふたり」の方は、回想を織り交ぜる事も“ひとり”より多く見られ、
単調さを回避している。ここでの回想は本来の効用よりも、
単にリズム感やメリハリをもたらすものとして機能している。

人物間の絡み(組合せ)も、「ふたり」の方が様々であり、それ故に情報量も多い。

「ふたり」の二人は百合というより、ほとんど男女の関係に見える。
設定初期の段階におけるギンザの性別が男性であった為、その名残と言える。
この事はメガストア九月号から引用。


誤字脱字はそれぞれ五回前後で、テキストの分量に比して少ない。



◇演技:


どの声優も役にハマっていたと思われる。

特に、来夏が“事件”について語るくだりは真に迫っていた。

下世話ではあるが、ギンザの呻き声が何とも艶めかしい。
“拾ったイケメン、女の子”というキャッチフレーズは、並列ではなく、
イケメン=女の子、と解釈する同格用法なのかもしれない。



◆演出:
(スクリプト、画面作り)


ナツメの能力は「効果音」の項に付記。

立ち絵が無く、人物の存在感が乏しい。(パッチを当てること
で顔は映る)

視点の変更、つまりその時の主役が交代する度、
アイキャッチとしてカットが挿入され、短い音楽が流れる。
これによって、気持ちの切り替えを促してくれる。

暗転も緩やかで、目に負担が掛からない。

チャット画面、携帯のメール画面等、細かい所まで作り込んである。
電車の路線図を分かりやすく見せるのは好印象。

小物類に人柄が出ていて良い、特に真希理の部屋。



◇作画:
(キャラクターデザイン、原画、
塗り)


表情の豊かさ、特に真希理のそれが印象的。
頭身にデフォルメ、表情も正に自由自在。(それに胸のサイズも)

これまでの笛氏の絵に比べて、塗りは目に透明感があり、一部のキャラは髪に艶がある。
マニアックな方向のデフォルメバランス。
足がかなり細くなっていたり、よりロリ的な方向に向かっている。

当然だが、意図的と思われるもの以外で、バランスが崩れている様な箇所は見当たらない。

一部の絵において拡大して見ると、眼に消し忘れた線の様なものが見えるが、これは何なのか不明。
具体的に挙げると、来夏の独白時におけるナツメ、スーツを着たギンザ。

落書きの様な線もアイキャッチに描かれていたが、なんらかの演出だろうか。



◆音楽:


シナリオの分量に比べて曲数が少ない。オープニング、エンディングも無し。

重要なシーンで使われるものとしては、ピアノ曲、弦楽多重奏が多い。

『おわりのクオリア』では新規の曲を十曲以上追加して、サントラを販売して頂きたい。



◇効果音:


特筆すべき点は無いが、演出としては、ナツメの能力とテキスト外の台詞の使い方が良かった。
それぞれ、ナツメの苦悩が感じとれる、臨場感があるという意味で。

上述の能力設定が、演出と選択肢に結び付いている。
この時、“右の世界”のセリフは右チャンネルのスピーカーから音声が出て、
“左の世界”は左から出る様になっている。




◆背景:


場所によっては光の暖かみや空気感がある。
物は硬質で落ち着いているのが多い。立派な商業クオリティ。

『カタハネ』等のファンに向けた遊び心もある。

瑣末な事ではあるけれど、時計の針が常に同じ時間を指しているのに違和感を覚える。



◇システム:


テキストの表示関連以外に問題は無い。



◆他:


選択肢によって結末は変わらない。

テキストのデータ量は一作あたり六百キロバイト程度だそうだ。
原稿用紙(一枚当たり四百文字)に換算するとおよそ九百枚。これはメガストア九月号にて確認。


両作品の構成を、以下に箇条書きで列挙する。

起承転結で言えば、以下の様になった。
(もちろん、分割の仕方は人によって分かれる所)


『ひとりのクオリア』

 起:全体の約一割

  事故を起こさぬ様に、車から助けられる真希理。消えた花梨。
  翌日、街に出て再会、頼まれて街を案内する真希理。
  食事の為に牛丼をテイクアウト、真希理の住むマンションへ。
  散らかった部屋を見せまいと待たせていると、帰ってしまう花梨。
  翌日に花梨が来訪。二人で時間を過ごす。
  コタツということもあり、眠ってしまう真希理。帰れぬ花梨。
  (おそらくは戸締まりの問題)

 承:全体の約五割

  なし崩し的に始まる同居生活、
  花梨によって真希理のただれた生活が徐々に改善して行く。
  この生活の原因を探る為に花梨は、秘密裏に調査を開始する。
  真希理に勧められたネットゲームにて知り合った、
  真希理の友人ナツメに対し、事情を聞くことに。
  当初はプレイヤーと真希理にとって、この数日間の花梨の行動は不明。

 転:全体の約三割五分

  調査に出ている間、花梨の部屋を掃除する真希理。
  そこで見つけたメモが元で、花梨の行動を知る。
  学校のことを聞くと体調が崩れる真希理。
  またも調査に出る花梨、待つ真希理。
  この間に真希理の抱える“症状”が明らかとなる。
  約束していた“私物に触れない”を破ってしまっていた真希理。
  出ていく花梨。反省する真希理。数日後に戻ってくる花梨。
  (同居生活には戻らない)
  学校に行くという約束を守らせようとするも、休日である
ことに気付く。
  次いで、真希理の“会いたくない人”が存在する
ことを知る花梨。
  さらに調査を進め、当該の人物である来夏に会う花梨。
  そこに出くわす真希理。
  花梨にどこまで自分を知っているのか尋ねる真希理。答える花梨。
  事情を話す真希理、過去を直視した反動で自失となる。
  そこで花梨がある行動を取る。
  その行為の訳を相談する為、ナツメの元を尋ねる真希理。
  クラスメイトに出くわし、ついで“会いたくない人”来夏が訪れる。
  件の“症状”が改善されている
ことに気付く真希理。
  帰宅後、翌日に登校を控え準備を始める。
  眠るまで花梨に傍にいてもらう真希理、“行為”の訳を尋ねる。
  互いの気持ちを確かめ合う二人。

 結:全体の約五分

  休めば留年が決まるという運命の日、ついに学校へと向かう真希理。
  一人で通えるかどうかを見守る花梨。
  道中トラブルが起きるも、何とか授業に間に合うのであった。

 エピローグ:数行の独白

  花梨の正体をほのめかし、本編終了。


 『ふたりのクオリア』

「ふたり」は「ひとり」より、物語の開始点が十日ほど後。それぞれ11/1(木)と、10/21(日)。

さらに、「ふたり」の方は場面を転換するにあたって、一度に三日過ぎる
こともあるので、
「ひとり」に比べて物語が動き出す時期が早い。
(この時期とは、物語内の時間ではなく、シナリオ構成上の時間である)


「ひとり」と違って人物が入り乱れている為、上手くまとめられてはいないだろう。(シナリオライターではなく私が)
早くから始まるこの構成の複雑さが、「ひとり」に比べて若干ではあるが面白く感じる理由。


 起:全体の約一割五分

  ネットゲームで真希理・花梨と遊ぶナツメ、
  花梨との接点が生じる。
  コンビニ帰り、工事現場の近くで怪我をしているギンザ見つける。
  連れ帰って介抱する
ことに。
  病院に連れて行こうとするも嫌がるギンザ。
  自分が出ていくか、キスをした上で部屋においてくれるかの二択を迫る。
  仕方なくも受け入れるナツメ。
  そうして同棲生活が始まる。

  承:全体の約六割

 ギンザ、ナツメの悩みを聞き出す。真希理の
ことを話すナツメ。

  翌日のバイト帰り、ナツメは見覚えのある少女を目にする。
  花梨からナツメに話しかける。
  ナツメがネットゲームの“Zizi”である
ことを知っていたのは、
  花梨が真希理に、ナツメの写真を見せてもらっていた為。
  ナツメは花梨を以前にもニ回見ている。
  一度は真希理と街にいる所、二度目は下校時。
  真希理についての相談が始まる。
  数日後、ナツメのバイトに付いて来るギンザ、
  真希理についての相談に乗る。
  翌日に体調を崩すナツメ、着替え途中の所をギンザと……(割愛)
  さらに数日後、今度はギンザについて相談する為、
  来夏に鉄馬との馴れ初めを聞く。
  幼少時の話題へと至り、来夏の双子の姉の存在を知るナツメ。
  翌日、来夏から姉と“事件”の顛末を聞く。
  その翌日、ナツメはまたもギンザに
  真希理について相談するも、見守る様に諭される。
  ギンザ、恩返しと今後自分の取るべき道を考える。
  花梨に真希理の留年が差し迫っていることを
  伝えようとするも、真希理と“お別れ”したと聞かされるナツメ。
  ナツメ、ギンザに相談する。
  ギンザ、自分と花梨の話し合いの場を設けるよう、ナツメに頼む。
  しかし気になって真希理の元を尋ね、
  “事件”の
ことについて触れてしまうナツメ。

  動揺し激昂する真希理。

  ナツメ、自責の念に駆られる。ギンザ、公園で佇むナツメを見つける。
  その日にあった
と今後について話す。

 転:全体の約二割

  ギンザは自らとナツメを取り巻く状況を鑑み、身を引く
ことを決める。

  さらに翌日、学校に誘う為に真希理の元を尋ねるナツメ。
  真希理、二日後になら行くと答える。
  ナツメは、これは前日に花梨に助言を与えられたのだと推測する。

  (以降は去ろうとするギンザとそれを追うナツメの形)

  買い物を済ませ、帰宅するナツメ。
  ギンザの姿が見当たらない
ことに気付く。
  翌日の登校前、心当たりのある所を探して回る。

  登校すると、電車に乗り込もうとするギンザを見つける。
  理由を説明するギンザ、日雇いのバイトをしていたと話す。

  翌日、お詫びを兼ねて、バイト先であった
  マーメイドパラダイスにデートに行く。

  バイト先を探すギンザ。
  夜に外食の後、ナツメに部屋を出ていく
ことを伝える。

  ナツメは学校でエリスに、
  ギンザと自分がカップルであると思われていたと聞く。
  授業も上の空。放課後を待たず途中で帰宅。

 結:全体の約五分

  二人で今後の
ことを話し合う。
  ナツメは、ギンザが納得する様な範囲内で、
  つまり、周囲に迷惑を掛けない形で、今の関係を続ける
ことを提案する。
  部屋の賃貸契約をルームシェアに替えるのはその一つ。

  なおも納得しないギンザ、自分を引き留めたいなら、
  方法は一つしかないと示唆。行動に移すナツメ。

  結ばれる二人。

  本編終了。




◇結語:


一本当たりはロープライスであるにもかかわらず、
システム周りは整備され、背景は上質、音楽も質に問題は無い。演技も良い。

しかし、背景に溶け込む文字、「ひとり」前半部における起伏の乏しい構成、
水増しした様なシナリオの薄さが全てを台無しにしている。
さらに事前告知無しの分割商法と来ては、目も当てられない。

本来の予定通り、テキストの分量は半分~三分の一が適切であったと思われる。
その場合、一般的に佳作と評される事になっただろう。
(このテキスト量の増加に関しては、十四年メガストア九月号にて言及されている)

完結しない限り、評価を決定する事は出来ない。
それ故、次回作『おわりのクオリア』は購入する予定。

本作が気に入った訳では無く、自分の中でこの作品を終わらせる為にということになる。



S0580649.jpg
S0510642.jpg
S0540645.jpg





0
icon-angle-up
Copyright © 百合ゲームNET All Rights Reserved.