Skip to content

Content Header

「いつかのメモラージョ」応援コラム シナリオライター・J-MENT氏スペシャルインタビューが公開

「いつかのメモラージョ」応援コラム シナリオライター・J-MENT氏スペシャルインタビューが公開 published on

「いつかのメモラージョ」応援コラム シナリオライターJ-MENT氏スペシャルインタビューが公開

http://blog.getchu.com/archives/52238492.html

 


以下で一部を抜粋しています。

――― 凜とルカの物語も“物語の続き”ではないのですよね?

Jさん
 ある仕掛けを作り、「続編なんだけど続編ではない」という物語を作りました。 これで自分のポリシーである続きは書かない! というのを貫けたのではないかと!


この辺りの考え方としては、例えば「よるのないくに2」も似たようなものがあります。
地続きで作っているというわけではなく、一作目は一作目で完結しているというような捉え方です。
(詳しくは各自、手元の特典ファンブックを参照してみて下さい)


――― レイさんを幸せにしてという声が多いですが、そちらについてはいかがですか?

Jさん
 幸せの形は人それぞれですからね。レイさんにとっての幸せは、彼女だけが知るモノだと思います。


少なくともレイさんに関しては、一般的な意味でのハッピーエンドではなさそうですね。


――― 新キャラのカナーコについてはいかがでしょうか。

Jさん
 新キャラではないんですけどね。すごく難しいんです。やってみて後悔しました。

――― どういったところが難しいのですか?

Jさん
 カナーコね、日本語が喋れないんです!!!
カナーコと凜、話せないんですよ。そして、ふたりの関係性も踏まえて会話をさせるのがとても難しかった。
プロット組んでから後悔しました。結果、挑戦的な解決策をとりましたが。(お楽しみに)


緊張しながら正座してる凛と冷めた瞳のカナーコ。
個人的にはカナーコがどう物語に絡んでくるのかが気になっています。



Sっ気のありそうなカナーコ、そして健全な意味で可愛がらねばならないょぅじょのルカ8才……
今作は前作とは違った意味でも楽しめそうですね。





0

Primary Sidebar

icon-angle-up
Copyright © 百合ゲームNET All Rights Reserved.