Skip to content

Content Header

PS4『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』 が2019年秋に発売予定

PS4『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』 が2019年秋に発売予定 published on

『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』


http://ryokutya2089.com/archives/20220#more-20220

2019秋予定
7800円&10800円&19540円
等身大の少年少女たちがちょっとだけ成長する物語
自然の陰影を活かした表現に現実感のあるサイズでビジュアルを大幅強化した新たな表現方法で世界観を構築
シナリオ ガストブランド&高橋弥七郎
キャラクターデザイン トリダモノ

ライザリン・シュタウト(ライザ) CV のぐちゆり
平穏な人生に不安を感じる普通の少女。刺激を求めて仲間たちと常に何か面白いものを探している。
自由奔放で正義感が強い。
自分が正しいと思ったことは簡単には曲げない。
錬金術に出会い、
ある出会いをきっかけにまだ見ぬ大切な何かを見つける、までの物語。

新キャラクターは他にも3人、男戦士・女僧侶?・子供学者?がイラストのみ公開

フィールドは日常や冒険をより深く描くため今まで以上に広がりを感じられるよう空の高さ、草花の茂みなり臨場感が増している


http://ryokutya2089.com/archives/20228

バトル
ターン性コマンドバトルを完全一新。
よりアグレッシブに緊張感があるものに進化。
仲間との絆を感じる新システムも

調合
「つくる」がキーワードの新システムに。
視覚的にわかりやすく手ごたえを感じられる形に進化。
見た目は最近のマス埋めタイプではなくスキルツリーのようなツリー方式に。

採取
同じ採取ポイントでも道具によってアイテムが変化。

細井順三プロデューサーインタビュー
「開発は私が単独のプロデューサー体制でガストブランドの長野スタジオが担当」
「構想自体はルルアと同時期。本格的な開発は2018年7月くらいでルルアとほぼ同タイミングで先行組みは開発していた」
「コンセプトは”少年少女たちの成長を描きたい”という想い。”ひと夏の思い出”のようなものが本作のコンセプト」
「(映像はリアリティがあり等身大のグラフィックになりここまで大きく変化したのは)PS4の映像表現としてはソフィーから続けてきたが、今回再構築している。
ひと夏の思い出、見たいな新しい表現にビジュアル面でもチャレンジ。」
「キャラクターもフォトリアルとツゥーンレンダリングの中間でバランスよくわらわれが作れるグラフィックに挑戦」
「恋愛要素はないが多少は甘酸っぱいものはある。恋愛には発展しないくらい(笑)」
「キャラクターエピソード、サイドストーリー的なものはあるが個別EDはない」
「開発は単純に全部が大変!(笑)これからはゲームとしての面白さも研磨していくのでさらに過酷になる」

「トリダモノさん起用は魅力的な絵がかけ作家さん自身が持つ特徴がある方を探しお声をかけさせていただいた」

「ライザは元気ハツラツ!ルルアに似ているタイプだがルルアほど猪突猛進ではなく元気な子であまり世間を知らない」
「新しいものを新しいを素直に感じられる素朴なところが魅力」
「ライザ以外の3人は同じ時を過ごしたライザの親友。この子達の成長物語になる。」
「ライザのふとももはトリダモノさんのこだわり。ガスト側にも追従したメンバーがいた(笑)」
「キャッチコピーはアトリエシリーズにばいばいではなくライザたちが過ごしたアトリエに対しての言葉」

「シナリオ制作のイメージはブルーリフレクションのやり方のようにプロットはガストで考え高橋さんに書いていただく感じ」
「サブタイトルにも新規性を打ち出すためキーワードとなるサブタイトルにした」
「音楽はこれまでのアトリエを担当されていた方+新しい方にもお願いし相当クオリティの高いものに」

「調合、採取、バトルという3本の柱の遊びは変わらない。」
「採取は能動的になる」

「そろそろユーザーさん的に”安心”ではなく”マンネリ”に変わりつつあったので今回は一新したというのが本質」
「蓄積したものは変えないがプレイ感覚は変えたい。プログラムとして蓄積してきた我々の完成形はルルアのアトリエで終わりかなと」
「ライザのアトリエはこれまでの経験地、遊びの面白さ、醍醐味は残しつつもゲームシステムとしてチャレンジを目指す。さまざまな部分を進化変更しているので相当変化がある作品に思える」
「物語もシステムも変えたので不満が出てくるかもしれないがそれは覚悟している。ですが新しいアトリエのファーストステップになるので一度触れてほしい」

「寒くなる前には発売したい。現在45%」



菊池プロデューサーは本作には携わってないようなので、
「よるくに3」に力を入れていることを期待しています。 (開発中かは不明ですが)





0

Primary Sidebar

icon-angle-up
Copyright © 百合ゲームNET All Rights Reserved.