Skip to content

Content Header

白衣性愛情依存症 簡易考察

本稿では、なおの行動を中心とした考察を行う。
以下、色付きの文字にリンクは無い。


更新


5/17  考察一 前日談であるSSを深読みし、本編を繰り返さずに行った為、失敗。翌日非公開へ

5/18  考察二 SSをほぼ無視して、考察一から得られた有益な部分を抽出

5/19  考察三 該当箇所を再プレイ、論点を整理。考察二を一部修正。時系列表を再構成

5/20   追記  考察二にラボの件を追加

5/21   修正  文章のミスを修正

5/23   追記  考察三に生死不明の場合を追記、時系列表に火事と臓器について追記
12/30 考察四 ホワイトメモリアルの解説を含め、再考察


考察二:


 「白衣性愛情依存症 Shooting Star’s Short Stories」について:



  疑問一:SSにある流れ星と童話は本編に関係あるのか
  予想解一:あるが、一部に過ぎない

  疑問二:あるとしたらどの程度関係するのか
  予想解二:自分の為だけの願いが良くない、という点のみ

   (先日行った考察は、この点で本編よりSSを重視した結果、的外れなものとなった)




 白衣性愛情依存症 本編について:



  疑問一:きょうこという危険分子を残したまま、あすかから離れてどうするのか

  (さくやにあすかを託しても、きょうこがいる限り、あすかの命は危険に晒され続ける)
  (きょうこが刺した事を、なおは知らない? しかしきょうこがプリントを見に来た時、明らかに二人は敵対していた)

  疑問二:同様にして、ラボの強硬派に対してどうするつもりだったのか

  (すみかの様な者がいるなら、あすかは危険なまま)
  (いつきルートと同じく、いつきが潰した?)




考察三:


  以下、記憶封印前のあすかを“あすか”と引用符付きで表示。これはゲーム内と同じ。


 ルートデザインの弊害:

  なおルートでは、きょうこの存在を明かせない → 刺殺未遂事件が解決しない
        ↓
  さくやの臓器と魂の事情について言及出来ない → なおは、さくやルートでいつきから聞く

  火事の時にさくや死亡、後にきょうこに臓器提供がなされ、さくやの意識が目覚める

  最初の記憶封印は、毎晩火事の夢に苦しんでいた“あすか”の為
      ↓
  さくやの死が前提となっている (と筆者は解釈)

   視界を覆い尽くす一面の炎。
   そこで、誰かの名前をずっと叫んでる自分がいて。

   今ならわかる、それは施設が火災に遭ったときの記憶。

   叫んでいたのは、さくやさんの名前。”

   “「一度目は、お姉ちゃんが火事の夢に苦しんでたから、
   記憶を消してあげた。お姉ちゃんのためだった」”


  二度目以降の記憶封印、動機はあすか(“あすか”)がさくやのところに戻るのを恐れた為
      ↓
  さくやの生が前提となっている (と筆者は解釈)

  “「恐かった……せっかく本当の姉妹として仲良くなれたのに、
  お姉ちゃんがいなくなっちゃうって思った」

  「さくやさんのところに行っちゃうって……恐かった。だから、また――」”


  この“行っちゃう”というのは、死んだ相手に気持ちが、ということ?
  それとも生きている相手の所に直接向かうということ?

  あすかとなおがそれぞれ、さくやの生死をどう認識していたのか。
  それによって、描出すべき事象が決定される。

  “あすか”は、さくやが生きている事を知りながらも、守れなかった事を嘆いていたのか。
  それともさくやの命が失われた事も含めて嘆いていたのか。

  生死は不明のまま、生存の可能性を残したままに、ただ苦しんでいたのなら、
  “あすか”はかなり残念な精神の持ち主という事になる。

  また、なおの高知能を以ってすれば、それを調査する事も出来たかも知れない。

時期 状況 能力 動機
補足
“あすか”入所以降 ・名無しと“あすか”が出会う
聞き間違いから、なおの名前が決定
・以降、なおは無遠慮な“あすか”に
惹かれる (少々特殊な性癖が身に付く)
    なおは普段
隔離されていた。
なおを知る者は少ない。
なおの為に
センターは作られた
あすか八才
(“あすか”)

・センターで火事、さくや死亡
 (きょうこ、さくやを守る為、職員を殺傷)
 (さくや、それを目にし能力を暴走)
・“あすか”傷心
・その後、なおは“あすか”と
同じ家に引き取られるように手配
記憶封印 さくやを助けられず、
火事の夢で
苦しむ“あすか”を救う為
(さくやの死が前提)
なおルートでは、火事の
真相は明かされない。
この時のさくやの生死に
ついても明言されない。
さくやが生きている事を
なおが知っているなら、
記憶を封印せずに、
“あすか”をさくやに
会わせればよい事になる
(臓器移植は火事の後)
中学二年
夏休み前
・なおが不良に一方的に
吹っ掛けられたケンカ(呼び出し)に、
あすかが一人で仲裁に入り、
全治一週間の怪我を負う。
以降、なおはあすかに惹かれる
・あすか、入院七日目に
記憶を取り戻しかける
記憶封印 あすかがさくやの所に
戻らないようにする為
(さくやの生が前提)
八才時と同じく、
この時のさくやの生死に
ついては明言されず
中学三年梅雨~
高校三年梅雨
・あすか、梅雨の時期に
記憶を思い出しそうになる
記憶封印 あすかがさくやの所に
戻らないようにする為
(さくやの生が前提)
八才、中二時と同じく、
この時のさくやの生死に
ついては明言されず
高校三年
帝都看護
オープンキャンパス
・偶然を装い、さくやといつきに
接近するなお
 (あすかに記憶を思い出させない為、
 釘を刺しておく)


  この時さくやの生に対して、
驚きがあった等の
言及はされなかった以上、
なおは、さくやの生を
知っていた事になる。
ここに、八才時における
記憶封印との矛盾が生じる
帝都看護一年
梅雨
・あすか、梅雨の時期に
記憶を思い出しそうになる
記憶封印 あすかがさくやの所に
戻らないようにする為
 
帝都看護一年
試験明け
カラオケ以降
・“わたし好きだよさくやのこと”
 (“あすか”の想いが発露する)
・さくやとの事を応援すると言うなお
 (この辺りから、特に
 封印を解きたいと思い始めた)
 (罪の意識は以前からあった)
     
帝都看護一年
文化祭
刺殺未遂
・学校の屋上で、
きょうこに刺されるあすか
治癒 あすかの命を救う為
(この一件で、なおは能力を
使い切った)
なおルートでは
きょうこの存在は語られず、
事件は未解決。
敵対するきょうこと
なおの問題も未解決
帝都看護二年
梅雨
・あすか、梅雨の時期に
記憶を思い出しそうになるも、
なお、能力は使わず(使えず)
     
その間
(※文化祭以降
かも知れない)
・別行動を取る事が増えた二人
 (決着を付ける為、
 水面下で行動するなお)
     
帝都看護二年
最初で最後のデート
・なお、身を引く事を決意。
最後の想い出を作ろうとする
     
デート後の夜 ・なお、学校の屋上へ。
それに気付き、追いかけるあすか。
いつき、銃を手になおの元へ。
なお、悪人を演じる。
あすか、許さない事で
なおを繋ぎ止める。
いつき、なおに向けて銃を構える。
あすか、なおを庇う。
さくやが現われ、和解へ
記憶封印

 

未遂
(狂言)

 

あすかが普通に記憶を
取り戻すと、なおは感謝されて、
許されてしまうと考えた。
それ故、記憶を奪おうとするも
失敗した、という形を演じた
呼び出しをしてきた
相手から、
なおを守ろうとする事で、
不良事件の一部再現
にもなっている。
後日談にて、狂言の
動機が語られるが、
“あすか”となおの
言わばSM的な関係が
根底にある。“あすか”は
半ば暴力的ではあったが、
そこに強い繋がりを
なおは見出していた


 以下の事情について、なおは、さくやルートでいつきから聞く。

 さくや母の日記:

  “お母さんの日記に書いてあったこと。”

  “施設で火事があった後、一人の少女を養子として引き取ることになった。”

  “少女の名前はきょうこと言って、火事の後、
  すぐに双子の姉妹から臓器提供を受けていた。”

  “そして、きょうこの中でさくやの意識が目覚め――――。”

  “さくやのお母さんはきょうこの願いを聞いて、
  少女の……娘の名前をさくやに改名した、と。”

 


考察四:


 疑問に対する回答が頂けたようなので、再度考察をしておく。

 それと考察二で提示した疑問二に関しては、特に言及はされていなかった。
 (すみか達、ラボ強硬派の処理について)

 以下、枠内は「ホワイトメモリアル」からの抜粋である。

  “あすかは幼少期の炎の夜、さくやを助けられなかった。
  小さいあすかはこの時、事故自体の恐怖とさくやを失った事実に深く混乱し、
  さくやの生死に関しては、曖昧になったままだったようだ。
  その記憶はなおによって消されるが、中学時、一時的に記憶が戻った時も、
  さくやの生死自体は曖昧なまま。「守れなかった」という事実だけが
  記憶に残っている、との設定だそう。”

  p,49 「はみだしカルテ」より


  当時の“あすか”のことを見ていられなかったなおが記憶を封印したのは、
  以下の理由によるものだった。

  “「一度目は、お姉ちゃんが火事の夢に苦しんでたから、
  記憶を消してあげた。お姉ちゃんのためだった」”

  さくやの生死を確かめる事こそが、真に“あすか”の為になるのではないだろうか。
  さくやの生死が不明なままとなっている“あすか”の記憶を消すというのは、
  対症療法に過ぎず、根本的な解決にはなっていない


  好意的に解釈すれば、高知能であるはずのなおも含め、
  結局のところはただの八歳児に過ぎなかったということだろう。

  しかし、施設焼失事件の後、なおは自身を“あすか”と同じ家に
  引き取られるように手配する程、高い知性を誇っていた筈だが。
  この事は本編でなおの口から語られた上、更に下記の設定が与えられている。

  “あすかの祖母には、大幸かれんという名前が設定されている。
  彼女は元政治家であり、拝沢小児医療研究センターともつながっていた人物だ。
  そういう経緯で、所長以外になおのことを知っている、数少ない人物の一人であった。
  センター焼失時になおから協力を求められ、残党に追われないためのあすかの
  死亡工作などは、この大幸かれんが行ったこと、とされている。”

  p,53 「はみだしカルテ」より


  さくやの生死の確認に関しても、元政治家の資金力や伝手を用いれば容易であっただろう。
  上記において、なおがかれんに自発的に働きかけたのだから、
  同様にして、何故さくやの生死を確認させなかったのかという疑問が残る。

  “屋上での刺傷シーンを生み出したさくやの中にいる双子、きょうこ。
  さくやルート以外では、きょうこがあすかに危害を加えることは、もうないのだろうか?
  これについては、あすかが他の女性と結ばれ、さくやに近付かない限り問題はないのだ、
  とのこと。もともときょうこは、いつきの指示におおよそ従っており、さくやルート
  以外ではその関係性が崩れないのだ。”

  p,63 「はみだしカルテ」より


  なおがそれを知っていたとは思えない。きょうこがプリントを見に来た時、
  明らかになおときょうこが敵対していたのが、その理由である。

  しかし好意的に解釈すると、この時以降、なおがきょうこと接触を図り、
  きょうこの真意を知ったのだとすれば、矛盾は解消される。

  とはいえ、描かれなかった部分は、
  各自で納得がいくまで頭の中で勝手に補えばいいのかも知れない。

  これ以上の考察は他の者に任せることとする。

S0025004.jpg




0
icon-angle-up
Copyright © 百合ゲームNET All Rights Reserved.